Codota –JavaでAIアシスタントを使用した最初の経験

私は最近Codotaを使い始めましたが、このツールの機能に非常に感銘を受けました。

簡単に言えば、Codotaの目標は、開発をより簡単に、そして最も重要なことに、はるかに高速にすることです。バックグラウンドで役立つツールを使用して実装を実行することで、時間の節約になります。

1.コドタとは

私がそれを説明できる最善の方法は、コードを書いているときにCodotaが学習し、コードの改善に役立っていることです。内部でAIと機械学習を使用しており、私が作業しているときに、基本的に関連する提案を提供します。

2.Codotaによるコーディング

しかし、最終的には、このような製品を実際に作成または破壊するのは、これらの提案の品質です。

そして、Codotaが実際にこれらを正しく理解し、提案があるときはいつでも-それはほとんど常に正しいものです-という事実は驚くべき部分です。それは私が彼らをサイトで2番目のスポンサーとして受け入れた理由でもあります。

ここでは、Codotaを使用してOkHttpでREST APIを使用し、簡単な実装を行いました。

3.長所と制限

バックグラウンドでCodotaを使用してコーディングすると、プログラミングエクスペリエンスのコアが変わることがあります。

いくつかのライブラリといくつかのフレームワークを使用する場合、上のビデオで見たと確信しているように、バックグラウンドでCodotaを操作することは素晴らしいことです。提案は的確であり、APIの探索や読み取りを大幅に減らす必要があるため、私は大幅に高速化されています。

ああ、それは無料です?

しかし、もちろん、コドタがまだ成長し、再発見されている分野があります。たとえば、注釈を理解することはまだ進行中であるため、注釈が多いフレームワークに関するツールの提案はそれほど良くありません。

4.今後の道

私がツールを使用し、その詳細を学び、このビデオを作成するのにかかった時間に、Codotaチームはプラグインに6程度のアップデートを出荷しました。ほんの数ヶ月前、私が始めたとき、フルラインの提案は問題ではありませんでした。今、彼らは入っていて、非常に便利です。

ツールの可能性と野心は非常に高く、それらは速く動いているので、私は個人的にツールが良くなるだけだと楽観視しています。

しかし、結局のところ、私は将来ではなく、今日コーディングしています。そして今日、Codotaは必須のプラグインです。IDEにインストールして、バックグラウンドで実行してヘルプを表示するだけです。