カスタム親を使用したSpringBootの依存関係管理

1。概要

Spring Bootは、SpringBootアプリケーションを簡単に作成するための親POMを提供します。

ただし、継承元の親がすでにある場合は、親POMを使用することが常に望ましいとは限りません。

このクイックチュートリアルでは、親スターターなしでBootを使用する方法を見ていきます。

2.春ブーツ親POMなし

pom.xmlは、依存関係とプラグイン管理を処理します。そのため、それを継承すると、アプリケーションで貴重なサポートが提供されるため、通常、ブートアプリケーションを作成する際に推奨されるアクションです。親スターターに基づいてアプリケーションを構築する方法の詳細については、前回の記事をご覧ください。

ただし、実際には、デザインルールやその他の設定によって、別の親を使用するように制約される場合があります。

幸い、Spring Bootは、親スターターから継承する代わりの方法を提供しますが、それでもいくつかの利点があります。

親POMを使用しない場合でもscope = importを指定してspring-boot-dependenciesアーティファクトを追加することで、依存関係管理の恩恵を受けることができます

   org.springframework.boot spring-boot-dependencies 1.5.6.RELEASE pom import   

次に、Springの依存関係を追加し、SpringBootの機能を利用し始めることができます。

 org.springframework.boot spring-boot-starter-web 

一方、親POMがないと、プラグイン管理のメリットは得られなくなります。これは、spring-boot-maven-pluginを明示的に追加する必要があることを意味します

   org.springframework.boot spring-boot-maven-plugin   

3.依存関係バージョンのオーバーライド

Bootによって管理されているものとは異なるバージョンを特定の依存関係に使用する場合は、spring-boot-dependenciesを宣言する前に、dependencyManagementセクションでそれを宣言する必要があります

   org.springframework.boot spring-boot-starter-data-jpa 1.5.5.RELEASE   // ... 

対照的に、dependencyManagementタグの外側で依存関係のバージョンを宣言するだけでは機能しなくなります。

4.結論

この簡単なチュートリアルでは、私たちがどのように使用できるかを見てきた春ブーツを親なしのpom.xml。

例のソースコードはGitHubにあります。